top of page
  • 執筆者の写真sakufudou

花祭り


 4月8日は北伝仏教ではお釈迦様の誕生日とされています。桜をはじめとする花の咲き誇る季節なので「花祭り」といい、丁寧には花御堂をしつらえ灌仏盤に誕生仏像を安置し、甘露に見立てた甘茶を誕生仏にかけて礼拝します。当山の誕生仏はやや大きくて灌仏盤には収まらないので甘茶の用意はしませんが、可愛いシッダールタちゃんを拝んで頂けます。坊守がお花を供えてくれました。

 迷える衆生を導くため、この娑婆世界に下生された釈迦牟尼仏。有名な「天上天下唯我独尊」はお釈迦様が生まれてすぐに七歩歩いてから唱えた言葉とされます。神話的にも見られる逸話ですが、むしろ象徴的な意味が込められた言葉です。すなわち、この世の衆生は三界の大導師がいなければ苦海に溺れ続け、しかもそれを自覚さえしない状態でありました。世間的常識と業にとらわれた火宅に喩えられる輪廻の娑婆世界に現れた、悟りの光明をもたらす唯一の存在が釈迦牟尼仏なのです。2500年ほど前にインドのシャカ族の王子として誕生したシッダールタですが、その出生は後に世界を変えることになる偉大な出来事であったのです。その意味をこの言葉で示しているのです。決して慢心的に赤ん坊が発した言葉ではありません(もっとも赤ん坊は話せませんが)。有名な『法華経』にはこのような釈迦牟尼仏のお言葉が説かれます。「今此の三界は皆我が有なり。その中の衆生は悉く是れ吾が子なり。しかも今此の処は諸の患難多し。唯、我一人のみ能く救護をなす」と。まさに、この救済の覚悟と自信が「天上天下唯我独尊」の意味であるのです。

南無大恩教主釈迦牟尼如来


閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

看板娘

Comments


bottom of page